【正岡子規の有名俳句 20選】春夏秋冬!!俳句の特徴や人物像・代表作など徹底解説!

 

今回は、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした「正岡子規」の俳句をご紹介します。

 

文学者でありながら、多くの俳句作品を残した正岡子規は、「俳句」という言葉を定着させた人物でもあります。

 

それでは、正岡子規が詠んだ数多くの俳句の中から、春、夏、秋、冬の代表的な作品をそれぞれご紹介していきます。

 

正岡子規の特徴や人物像

Masaoka Shiki.jpg

(正岡子規 出典:Wikipedia)

 

日本人であれば、誰もが一度はその名を聞いたことのある俳人、正岡子規(1867年~1902年)。

 

本名は正岡常規(つねのり)といい、愛媛県松山市に生まれました。「子規」は俳号で、ホトトギスという鳥を指す言葉です。ホトトギスは、のどから血を流して鳴くと言い伝えられており、そんなホトトギスの姿に子規は結核のため喀血を繰り返す自らを重ねていたといわれています。

 

子規は21歳のときに結核を患い、以後34歳で亡くなるまで、病と闘っていたことで知られています。28歳で脊椎カリエスを発症。亡くなるまでの3年間は寝たきりに近い生活を送っていたといわれています。

 

子規は、短歌や俳句の分野において大いなる革命を成し遂げたともいえる明治時代の文豪で、亡くなる数時間前まで句を詠み続け、短い生涯に残した俳句の数は20万句ともいわれています。

 

目の前の自然の情景をそのままスケッチするように描写した数々の印象的な句を残しています。

 

正岡子規の有名俳句・代表作【20選】

(子規が晩年の1900年に描いた自画像 出典:Wikiepedia)

 

春の俳句【4選】

俳句仙人
若鮎の群れが、上流に向かうにつれて徐々に二手に分かれていく様子が描かれています。流れに逆らって泳ぐ鮎の生命力を感じる、力強く、清々しい一句だと思います。生き生きとした鮎の姿が目に浮かぶようです。

 

俳句仙人
柔らかな光が降り注ぐ春の空の下、国境にそびえる山の頂に、いまだ残る雪の様子が描かれています。目の前に広がる風景をスケッチしたような句ですが、この時子規は病床にあり、遠くの国境の春を想像して詠まれたといわれています。体は病にむしばまれても、子規の精神は俳句の創作エネルギーに溢れていたようですね。

 

俳句仙人
「毎年よ」を先頭に持ってくることで(倒置法)、「毎年のことだけど、いつも寒いよね」と、彼岸の入りを迎えても毎年いつもこの時期は寒いことを強調しています。日常の生活のふとした気持ちの動きをストレートに表現しています。

 

【NO.4】

『 春や昔 十五万石の 城下かな 』

季語:春

現代語訳:江戸幕府があった頃、この地は十五万石の栄えた城下だった。その春も、今となっては遠い昔のことだよ。

俳句仙人
若こちらの句は、子規が日清戦争の従軍記者として中国へ赴く前に、東京から故郷の松山に戻った際に詠まれたものといわれています。かつて栄えた故郷の町並みを見て、子規は何を思ったのでしょうか。その町並みと、自らの行く末を重ね見ていたのかもしれませんね。

 

夏の俳句【4選】

俳句仙人
この句は「茗荷を食べると物忘れがひどくなる」という俗信の裏をかいて詠んだといわれています。一般的に子は親に似るものですが、親に全く似ていない子の茗荷は、親よりも賢そうに見えます。そんなユーモアを交えて詠んだ句で、思わずくすっと笑ってしまうような一句です。

 

俳句仙人
自らが尊敬してやまない松尾芭蕉の足跡を訪ね、奥羽を旅した際に詠んだ句です。目の前に映った雄大な最上川の流れる光景に感動している様子が伝わってきます。夏という季節を流す勢いで流れる最上川は、本当に素晴らしかったことでしょう。

 

俳句仙人
紫陽花の美しさに感動していることをまず挙げ、花の色が刻々と変化する紫陽花の特徴を詠んだ句です。「昨日は本当だったことが、今日には嘘になってしまう」と、人の心の移ろいやすさを紫陽花の花の色の変化にたとえて詠んでいます。現代にも通ずるものがありますね。

 

俳句仙人
ある夏の日の一瞬の出来事を瞬時に捉えて詠んだ句ですね。突如吹き込んでき南で、白い紙が一気に舞い上げられる光景が目に浮かびます。たくさんの紙が一気に吹き飛ぶ様子は、驚き、そして爽快感すら感じさせてくれます。写生を重んじた正岡子規ならではの描写だといえます。

 

秋の俳句【8選】

俳句仙人
いつの時代も身近な食材、枝豆。そんな茹でた枝豆が勢いよく口の中に飛び込んでくる様子がユーモアを交えて描かれています。味覚と視覚の両方の観点から楽しませてくれる一句です。

 

俳句仙人
出だしが「秋の朝」ではなく「朝の秋」と詠んでいるところが上手い句です。日常の朝の風景の中、ふと見上げると砂の如き雲が浮かんでいます。それを見て、「あぁ、秋なのだなぁ」としみじみと秋を実感していることが伝わってきます。見たままの情景を言葉で巧みに表現している一句だといえます。

 

俳句仙人
こちらの句は句切れがないことから、一仕事終え、充実感と安堵で「ふうぅ」と息を吐くように一気に詠まれた句です。下五「柿二つ」は「柿を二つ食べた」ということですが、説明を省略し「柿二つ」と言う言葉で留めています。詳細を省くことで、大好きな柿を食べる至福の時を表現しています。柿が大好きな正岡子規らしい一句ですね。

 

俳句仙人
古都奈良の茶店で「柿」という秋の味覚を味わっていたところに、タイミングよく法隆寺の鐘の音が響いてきたのでしょう。柿を食べることと鐘が鳴ることに因果関係はありませんが、奈良らしい風情の中でちょうどよく鐘が響いてきたのが楽しかったのでしょうか。そんな秋の一コマが描かれている一句です。

 

俳句仙人
正岡子規が亡くなる前日に詠んだ句です。秋になると完熟し、もっとも新鮮な水が得られる糸瓜ですが、残念ながら子規の病には効果がなかったようですね。次から次へと出てくる痰に、闘病の苦しみと、もはや回復する見込みはない絶望を感じていることが伝わってきます。

 

俳句仙人
雲一つない秋晴れの空の下、赤蜻蛉が舞う様子を、まるで秋の風景をスケッチするかのように見事に描いています。赤蜻蛉の赤と、雲一つない青空の青が鮮やかに対比されていて、読み手の視覚に訴えかけるような正岡子規らしい一句ではないでしょうか。

 

俳句仙人
病床にあった子規は、かつて自宅の庭で生き生きと咲いていた鶏頭の花を思い出しながら、この句を詠んだのでしょう。炎のような鮮やかな赤い花をつける鶏頭が、まっすぐ天を目指して咲いている様子は「生」の躍動感を際立たせ、今を懸命に生きる子規の生き様を映しているようです。

 

俳句仙人
この句に登場する仏(ご遺体)は、この句の作者自身、つまり正岡子規です。なかなか衝撃的な内容ですね。この句を詠んだ時、子規はすでに死の床にあり、自分に残された時間を冷静に見つめていたことが伝わってきます。

 

冬の俳句【4選】

俳句仙人
病で伏せている子規は、庭に降り積もる雪を自らの目で確かめることはできなかったのでしょう。そのため、家人に何度も雪の深さを尋ねている様子が伝わってきます。雪が降っていると知り、どれだけ雪が積もったのか気になって仕方ない無邪気な子規の様子が浮かんできますね。

 

【NO.2】

『 雪ふるよ 障子の穴を 見てあれば 』

季語: 雪

現代語訳:雪が降ってきたよ!障子の穴から庭を覗いていると。

俳句仙人
病で伏せている子規は、障子の穴から外の世界を眺めています。そして雪が降ってきたことを発見し、思わず心が弾む無邪気な様子が表れています。雪に対して特別な感情を抱いていることが伝わってきます。

 

【NO.3】

『 雪の家に 寝て居ると思う ばかりにて 』

季語:雪

現代語訳:外は雪が降る中、家で一人寝ていると、外の様子が知りたくて、雪はどんな風に降っているのだろうか、もうどれくらい積もっているのだろうかと、思うばかりであることよ。

俳句仙人
この句を詠んだ時、子規にはもはや自力で起き上がる力も残されていませんでした。大好きな雪を自らの目で直に見ることのできないもどかしさが読み取れます。

 

【NO.4】

『 障子明けよ 上野の雪を 一目見ん 』

季語:雪

現代語訳:誰か障子をあけてくれ。上野に降り積もる雪を一目みたいんだ。

俳句仙人
子規が晩年を過ごした住まいは、現在の東京都台東区根岸、上野山の北の方に在りました。自分の住んでいるところに降る雪を、どうしても一目見ておきたいといった子規の強い気持ちが伺える一句です。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

人に愛され、尊敬されていたことでも有名な正岡子規は、その短い生涯で20万を超えるほどの作品を残したといわれています。

 

今回は、正岡子規の残した俳句の中でも特に有名な作品を現代語に訳し、そこに込められた意味など簡単な感想をご紹介してきました。写実的な描写を得意とする子規の作品は、とても新鮮で、魅力的なものばかりです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事