【山口誓子の俳句16選】代表作(有名句)はこれ!!俳句の特徴や人物像など徹底解説!

 

「世界で最も短い詩」といわれている俳句。

 

五七五のわずか17音という非常に短い言葉の中にさまざまな思いを込めて、読み手に想像や連想を喚起させる奥深い文芸です。

 

今回は、昭和初期の「ホトトギス」の黄金時代を築いたといわれている「山口誓子」の有名は句(代表作)を春夏秋冬ごとにご紹介します。

 

山口誓子の人物像と作風

(山口誓子 出典:Wikipedia)

 

山口誓子(やまぐち せいし)は、明治34年(1901年)に現在の京都府左京区で生まれました。

 

本名は新比古(ちかひこ)といいます。水原秋桜子、高野素十、阿波野青畝とともに「ホトトギスの四S」と評価されました。

 

大正8年(1919年)に第三高等学校(現在の京都大学)に入学すると、本格的に俳諧の道へ入ります。写生重視の「ホトトギス」から新興俳句運動の「馬酔木」と移り、新興俳句運動の指導者的存在となっていきました。

 

従来の俳句にはなかった都会的な要素を積極的に取込み、知的で即物的な句風が特徴です。そして、映画倫理に基づく連作俳句を試みたことでも知られています。

 

山口誓子の有名俳句・代表作【16選】

春の俳句【4選】

【NO.1】

『 流氷や 宗谷の門波 荒れやまず 』

季語:流氷

現代語訳:海の上を流氷が漂っているよ。宗谷海峡に立つ波は激しく荒れ、止むことがない。

俳句仙人
誓子は幼少期に樺太(現在のロシアのサハリン島)で過ごしたことがあり、この句は当時のことを思い出して作ったといわれています。荒々しくも寂しい雰囲気の中で、春とはいえいまだ寒さ厳しい北国の春の情景が思い浮かびます。

 

【NO.2】

『 暖かき 燈が廚より 雪にさす 』

季語:暖かき

現代語訳:夕飯時、温かい灯りが台所からもれ、雪の上に写っているよ。

俳句仙人
夕飯時の暖かい家庭の雰囲気が滲み出てくるような一句です。台所からもれるだいだい色の灯が、庭にまだ残っている雪をそっと照らしている様子がイメージできます。

 

【NO.3】

『 桜さく 前より紅気 立ちこめて 』

季語:桜

現代語訳:桜が満開の季節となった。前方から桜の花の紅気がどんどん押し寄せてくるようだよ。

俳句仙人
平安時代から、花見は日本人が楽しみにしている春の行事です。一つの花が咲くのを国中でここまで待ち焦がれることはあまりありませんよね。そんな満開の桜に圧倒されている様子が読み取れます。

 

【NO.4】

『 春水と 行くを止むれば 流れ去る 』

季語:春水

現代語訳:春の川の流れに合わせて歩いていたが、ふと足を止めるとあっと言う間に流れ去っていったよ。

俳句仙人
春水と連れになった気分で歩いていたのでしょうか。軽快なリズムが感じられます。しかし、そんな春水は足を止めるとあっと言う間に流れ去っていってしまいます。一瞬の出来事を上手く捉えた一句ですね。

 

夏の俳句【4選】

【NO.1】

『 炎天の 遠き帆やわが こころの帆 』

季語:夏

現代語訳:日差しが強い真夏の空の下、遠くに船の帆が見える。あの帆は、私の志の帆でもあるのだよ。

俳句仙人
この句に登場する帆について、誓子自らが「具象から来ているが、抽象の帆なのである。」と述べています。現実に見える帆船に加え、自分の思いを帆に託していると読み取ることができます。

 

【NO.2】

『 匙なめて 童たのしも 夏氷 』

季語:夏氷

現代語訳:小さい子どもが、かき氷をひと匙すくうごとにスプーンをなめて楽しんでいるよ。

俳句仙人
小さい子どもが、かき氷をひと匙ずつなめている様子が伝わってきます。テーマとなる「夏氷」を最後に置くことで、かき氷が印象的に描かれています。ほほえましい夏一コマですね。

 

【NO.3】

『 ピストルが プールの硬き 面にひびき 』

季語:プール

現代語訳:競泳会場でスタートを固唾をのんで見守る中、スタートを告げるピストルの音が響き渡った。

俳句仙人
競技が始まる直前の緊張感と、ピストルの音が鳴って競技が始まった瞬間を見事に切り取って表現しています。選手と観客の熱気で会場が沸いている様子が伝わってきます。「静けさ」と「熱気」という相反するものを表現することで、その場にいるような感覚が生まれます。

 

【NO.4】

『 いづくにも 虹のかけらを 拾ひ得ず 』

季語:虹

現代語訳:美しい虹は、消えてしまうと、もうどこにもその一片すら拾うことができないのだなぁ。

俳句仙人
夏に多く見られる「虹」。薄れゆく虹を愛おし気に眺めている様子が読み取れます。今にも消えてしまいそうな虹を「虹のかけらを拾うことができない…」といった言葉で表現した非常に美しく、印象に残る一句です。

 

秋の俳句【4選】

【NO.1】

『 かりかりと 蟷螂蜂の かほを食む 』

季語:蟷螂

現代語訳:「かりかり」と音を立てて、カマキリが蜂のかおを食べていることよ。

俳句仙人
カマキリが蜂のかおを食べる様子を「かりかり」と表現しています。「かりかり」という音の表現を用いることで、弱肉強食の生き物の世界が生々しく伝わってきます。カマキリが蜂を食べる様子を感情を交えることなく冷静に観察しています。

 

【NO.2】

『 突き抜けて 天上の紺 曼珠沙華 』

季語:曼珠沙華

現代語訳:秋の澄んだ青空は突き抜けるように高い。そこへ真っ赤な花をつけた曼珠沙華が、やはり天を突き抜けるように背を伸ばして咲いているよ。

俳句仙人
秋の澄みきった空はどこまでも高く、濃い青い色をしています。一方、ふと目の前には真っ赤な曼珠沙華が咲き乱れています。空の青と曼殊沙華の赤の対比が非常に美しい一句です。

 

【NO.3】

『 秋天の 下雀斑の こまやかに 』

季語:秋天

現代語訳:清々しいある秋晴れの日。こまかいそばかすが印象的な子がいるよ。

俳句仙人
雀卵斑(じゃくらんはん)とは、一般的には「そばかす」を意味します。天気の良い秋晴れの日に、そばかすが印象的な子が笑っている、そんな光景が目に浮かぶようですね。

 

【NO.4】

『 秋の雲 天のたむろに 寄りあへる 』

季語:秋の雲

現代語訳:秋の空に浮かぶ雲が、一つまた一つと寄ってきて、いつの間にか大きな塊となったよ。

俳句仙人
秋の空に浮かぶ雲の様子を詠んだ一句です。風の流れに従い、様々に形を変えて移動する雲が互いに寄り合い、再びあらたな形を成していく様子が描かれています。雲が「寄りあへる」と擬人法を用いて表現しているところが面白いですね。

 

冬の俳句【4選】

【NO.1】

『 スケートの 紐結ぶ間も はやりつつ 』

季語:冬

現代語訳:楽しみにしていたスケート。スケート靴に履き替え、靴紐を結んでいる間も心は早く氷の上を滑りたいとはやっていることだよ。

俳句仙人
スケート場で靴紐を結んでいる時のわずかな時間を五七五に見事に収めた一句です。早くスケートをしたいという気持ちでうずうずしている作者の心情が良く表れていますね。

 

【NO.2】

『 風雪に たわむアンテナの 声を聴く 』

季語:風雪

現代語訳:吹雪でたわむアンテナから、まるで話し声のような音が聴こえるよ。

俳句仙人
この句は、誓子が「阿蘇山測候所」を訪れたときに詠んだといわれています。測候所の中にいる誓子は、外でアンテナがたわむ音を自らの耳で聞き、句に表現しています。吹雪で身動きが取れない様子がとてもよく伝わってきますね。

 

【NO.3】

『 海に出て 木枯らし帰る ところなし 』

季語:木枯らし

現代語訳:吹きすさぶ木枯らしは海に出て行くと、行き場を失い、もう陸に帰ることもない。

俳句仙人
この句は戦後誓子自ら「特攻隊について考えながら詠んだ」と解説しています。つまり、当時「神風特攻隊」と呼ばれた若い人たちが飛行機乗り、敵の艦隊に突撃していく様子を、海に出た木枯らしが、もう二度と帰ってこないことと重ねて表現しています。

 

【NO.4】

『 除夜の鐘 吾が身の奈落 より聞ゆ 』

季語:除夜の鐘

現代語訳:除夜の鐘が、自分の身体の奥底から聞こえてくるようだよ。

俳句仙人
 1年の終わりにどこからともなく聞こえてくる除夜の鐘に、自身に深い反省を促しているのでしょうか。「心の奥底」のことを「吾が身の奈落」と表現するところが誓子らしい一句です。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

今回は、山口誓子が残した俳句の中でも特に有名な作品を現代語に訳し、そこに込められた意味など簡単な感想をご紹介してきました。

 

即物非情(感情や主観を交えず、ものそのものをありのままに捉える)の作風が特徴の山口誓子の作品は、鋭い視点で描かれ、とても魅力的なものばかりですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事