【6月の有名俳句 20選】すごく上手い!!季語を含んだおすすめ俳句作品集を紹介!

 

世界最短の文学ともいわれる俳句。

 

俳句は400年以上続く長い歴史がありますが、最近はテレビで活躍するタレントさんや著名人が俳句をよんだり批評し合ったりして、見ているわたしたちもついつい引き込まれてしまいます。

 

そして現在は6月!6月は梅雨の真中にあり、雨のイメージが強いかもしれませんよね。

 

ですが雨の日に目にするちょっとした出来事に晴れの日とは少し違ったドラマを感じたり、この時期の花や木々の緑も恵みの雨を受けていつもとは違った美しさや趣を持っており、俳句を詠むにはとてもよい時期でもあります。

 

そこで今回は、参考になる6月のおすすめ俳句作品をご紹介していきます。

 

リス先生
それでは、さっそく見ていこう!

 

俳句に6月らしさを出す!6月の季語を知ろう

「ac イラスト 6月」の画像検索結果

 

俳句は五・七・五の十七音からなる定型詩で、季語をひとつ入れるという約束事があります。

 

季語とは「季節が感じられる言葉」のこと、その季節の雰囲気や風景がパッと浮かぶような私たちの身近にある言葉たちです。

 

季語は俳句を鑑賞する私たちに共通する奥行きのあるイメージを与えてくれます。

 

季語を使わない無季俳句という世界もありますが、ひとつ季語を使えば、俳句にその「季節の色」をつけることが容易にできます。

 

リス先生
ここでは6月の季語をいくつか紹介していくね!

6月の季語

 

桜の実 紫陽花 花橘 百日紅 くちなしの花 橙の花 金柑の花 夾竹桃 南天の花 柚の花 オリーブの花 柿の花 栗の花 青梅 小梅 柘榴の花 やま桃の実 杏 枇杷 金魚草 アマリリス 人参の花 桑の実 竹の花 竹の花 竹の皮脱ぐ 山桜桃 杜若 芍薬 昼顔 浜昼顔 あやめ ジキタリス 水芭蕉 虎尾草 蛍袋 麒麟草 花ミョウガ 鋸草 えごの花 胡麻の花 きくらげ メロン パイナップル 六月 仲夏 皐月 芒種 田植時 入梅 梅雨寒 夏至 白夜 半夏生 梅雨空 梅雨の月梅雨の星 いなさ 黒南風 ながし 黄雀風 梅雨 青梅雨 空梅雨 五月雨 夏ぐれ 薬降る 虎が雨 梅雨雷 五月闇 梅雨晴 五月晴 五月富士 富士の雪解 梅雨穴 井戸水増す 五月川 出水 皐月波 植田 集め汁 蒼朮を焼く 苗取 早乙女 田下駄 胡麻薪 黍薪 稗薪 椿挿す 菊挿し 竹植えう 水見舞 糸取 新糸 蛍売 蛍籠 麦藁籠父の日 菖蒲湯 薬玉 紙水 五月狂言 さくらんぼ祭 朝顔市 海亀 亀の子 濁り鮒 夏蚕 蛍 蜻蛉生る 

 

 

リス先生
上記以外にも色々な季語があり、歳時記という本をみると詳しく調べることが出できるよ!もっといろんな季語を知りたい人はぜひ調べてみてね!!

 

6月の季語を使った有名俳句集【10選】

「ac 写真 6月」の画像検索結果

 

ここからは、6月の季語を使った有名俳句をご紹介します。

 

もしかしたら教科書などで目にしたものもあるかもしれません。

 

リス先生
お気に入りの一句を見つけてみてね!

 

【NO.1】小林一茶

『 青梅に 手をかけて寝る 蛙(かわず)哉 』

季語:青梅

意味:梅雨に実を結んだ青梅に蛙が手をかけて眠っているが、なんと微笑ましいことよ

俳句仙人
小さな生き物を愛した俳人は非常に多いが、なかでも有名なのが小林一茶じゃ。蛙を詠んだ有名な俳句が他にもいくつもあるぞぉ。6月の潤いをさわやかにイメージさせ、青梅と蛙が共に仲良く生きていることを感じさせる一句じゃ。

 

【NO.2】加賀千代女

『 紫陽花に 雫あつめて 朝日かな 』

季語:紫陽花

意味:雨上がりの朝、紫陽花の花が美しかった。まるで朝日が紫陽花の花びらに雨水の滴を集めたかのようでした

俳句仙人
加賀千代女は江戸時代に生まれ、16歳にして頭角をあらわした女流俳人じゃ。雨上がりの梅雨の朝。きらきらする美しい情景を詠っておるぞ。紫陽花の色、朝の日の光、花に残った雫、そこに梅雨空気のみずみずしさが加わり、女性らしさが感じる一句じゃ。

 

【NO.3】正岡子規

『 のびきって 夏至に逢ふたる 葵かな 』

季語:夏至・葵

意味:夏至の日に、高く伸びた葵の花に出会いました

俳句仙人
子規が見たのは立葵じゃろうか?立葵は梅雨になるとあっという間に背が伸びて、沿道などでもきれいな花を咲かせるぞ。

 

【NO.4】高浜虚子

『 明らみて 一方暗し 梅雨の空 』

季語:梅雨

意味:明け方になり空が明るくなってきましたが、一方の空は梅雨の空模様です

俳句仙人
明け方の空が明るくみえても、西の方の空はどんよりしている。梅雨だからいつ雨になるかわからないよね、という気持ちを読んでおるのじゃろうか。気候の意味にかぎらず、なにか物事が解決の兆しをみせたようであっても、視点を変えるとまだまだ暗い部分があるといったたとえにもつかわれる一句じゃ。

 

【NO.5】中村草田男

『 六月の 氷菓一盞の 別れかな 』

季語:六月

意味:六月。ちいさな容器にはいったアイスクリームを互いに食べての別れでした

(※一盞:さかずきのこと)

俳句仙人
作者初期の頃の作品じゃ。友人と食事をするでも、お酒を酌み交わすわけでもなく、通りがかりのカフェのようなところで、アイスクリームを食べて「それでは」と別れた様子を読んでおるのう。作者の青年時代の思い出を詠んだと思われる一句じゃな。

 

【NO.6】正岡子規

『 薄月夜 花くちなしの 匂いけり 』

季語:花くちなし

意味:雨雲で月も隠れがちの夜にふとくちなしの花の香りがしました

俳句仙人
月明りもかすかな暗い夜で姿は見えないが、くちなしの花の香りがしたという季節の情感を詠った一句じゃな。

 

【NO.7】松尾芭蕉

『 子供等よ 昼顔咲きぬ 瓜剥かん 』

季語:昼顔

意味:子どもたちよ、昼顔が咲く季節になった。まくわうりを剥いて食べよう

俳句仙人
昼顔が咲けば、瓜も熟れて美味しくなる頃。待ち侘びている子どもたちに声を掛ける芭蕉の優しさと、自然の中に身を置く当時の暮らしがすがすがしいのう。

 

【NO.8】夏目漱石

『 かたまるや 散るや蛍の 川の上 』

季語:蛍

意味:川の上に、かたまりになったかと思うと、いつの間にか離れては、自由に飛びかう蛍たちがいます

俳句仙人
身近で蛍がみられることはめっきり少なくなったが、当時、蛍鑑賞は初夏の風物詩だったのじゃ。不思議で幻想的な蛍の動きを楽しんでいる漱石の姿が思い浮かんでくるのう。またこれは漱石が「坊っちゃん」などの小説を発表する約10年ほど前に詠んだとされる一句でなのじゃ。

 

【NO.9】山口青邨

『 わが泊つる(はつる) 森のホテルの 白夜なる 』

季語:白夜

意味:私が宿泊している森の中のホテルは今白夜を迎えています

俳句仙人
ベルリンに留学していたことがある作者。その際にスウェーデンなどに足をのばして情景を俳句に詠んだといわれておるぞ。海外で俳句を詠んだ草分けのひとり。昭和10年代にこの句を鑑賞した日本人は、みな白夜に多大なロマンを感じたじゃろうな。

 

【NO.10】与謝蕪村

『 五月雨や 名もなき川の おそろしき 』

季語:五月雨

意味:梅雨の雨が降っている。名前もしらない川だけど、雨になると恐ろしいものだ

俳句仙人
江戸時代、まだ川にかかる橋はそんなに多くなかったのじゃ。そのため旅人は人足の肩車に乗ったり、馬や輿(かごのような箱に入って、お神輿のようにかかえてもらう)で川をわたっておった。そして、ちょっとでも増水すると足止めになり、無理をすると命取りにもなっていたのじゃ。梅雨の降ったりやんだりの続く雨(五月雨)の中では、日頃なにげなく渡っている川も恐ろしく感じられたのじゃろう。

 

こんな俳句もある!オリジナル俳句集【10選】

 

ここからは、一般の方が詠んだオリジナルの俳句集をご紹介していきます。

 

リス先生
上手な俳句がたくさんそろっているのでぜひ参考にしてみてね!

 

【No.1】不機嫌な 繭を諭して 糸を取る

季語:糸取り

意味:不機嫌そうに見える繭たちに、理解してもらえるよう、話しかけるつもりで糸を取っています

俳句仙人
糸取りとは蚕から絹糸になる元の糸を取る作業のことじゃ。成長した繭を釜で煮て中にいる蚕を殺し、繭の糸口をたどって一本の糸にするぞ。茹でられる繭が不本意そうに作者には見えたのかもしれませんのう。

 

【No.2】竹皮を 脱ぐ静けさを ととのへて

季語:竹皮を脱ぐ

意味:竹林のなかで、筍が静かに竹の皮を脱いでいました

俳句仙人
筍は夏を迎えて皮を脱ぎ、若竹になっていくぞ。筍が皮を脱ぐ直前、しずかに呼吸を整え、さあこれから若竹としてどんどん伸びるぞと決意しているようにも思えるのう。

 

【No.3】そっときて 昼蛍の ゐるといふ

季語:蛍

意味:そっと側にやってきて、昼の蛍がいるといっています

俳句仙人
作者の子どもさんなのか、親しい方なのか…。昼間の光っていない蛍をみつけ、そーっと作者の側にやってきて、ここにいるよと小声でいいながら指さす風景が浮かんでくる微笑ましい一句じゃ。

 

【No.4】青梅や 片手で足りる 友の数

季語:青梅

意味:庭に今年も青梅がなった。おすそ分けするお友達はほんの数人です

俳句仙人
庭にある一本の梅の木になった梅の実。少ししかないが、ごく親しい友人とこの季節の贈り物をわかちあうという、とてもあたたかい一句じゃ。

 

【No.5】梅雨晴の 小さき菜園 覗く猫

季語:梅雨晴

意味:梅雨の晴れ間に家庭菜園の手入れをしようとしたら、猫が何やら菜園を覗いていました

俳句仙人
最近は家庭菜園を楽しむ方が増えておるのう。雨が続くとなかなか手入れができずに心配じゃ。やっと晴れたので行ってみたら、猫も覗き込んでいたという微笑ましい一句じゃな。梅雨の晴れ間に野良猫もほっとして散歩していたのかもしれませんのう。

 

【No.6】紫陽花の はなやぐ雨と なりにけり

季語:紫陽花

意味:紫陽花が美しく、まるではなやいでいるような今日の雨です

俳句仙人
うっとおしいばかりではない梅雨の日をはっと思い起させてくれる一句じゃ。雨に打たれて艶やかに華やぐ紫陽花は本当に美しいものじゃ。

 

【No.7】缶詰の 鳳梨の穴や 揃ひたる

季語:鳳梨(ほうり/パイナップル)

意味:缶詰のパイナップル。穴がみごとに揃っています

俳句仙人
円柱の缶詰に入っているパイナップル。実にあけられている穴もきれいな円柱にそろっておる。パイナップル自体よりも、その穴に注目した作者の視点に感心させられるのう。

 

【No.8】花菖蒲 生憎晴れて しまいけり

季語:花菖蒲

意味:花菖蒲を見にきたのですが、あいにく晴れてしまいました

俳句仙人
曇った日か小雨の日に花菖蒲を観たいと思った作者。残念じゃのう。

 

【No.9】金魚草 若き二人に 幸あれと

季語:金魚草

意味:金魚草がきれいに咲いている。若いご夫婦にお幸せにと心で声をかけました

俳句仙人
とある家の前庭に金魚草。色とりどりで美しく、通りがかりに目をひかれたことじゃろう。

 

【No.10】読みかけの 文庫数冊 梅雨に入る

季語:梅雨

意味:文庫本数冊、読みきらないうちに梅雨入りしたのだなあ

俳句仙人
読書好きな作者じゃが、仕事や用事で忙しかったのじゃろうか。気がついたら、ああもう梅雨だなぁと、季節の移り変わりの早さにふっとため息をついたような雰囲気のある一句じゃ。

 

 

以上、6月の季語を使ったおすすめ俳句集でした!

 

俳句仙人
6月はなぜか祭日もなく雨ばかりというイメージがあるが、子どもたちのさした色とりどりの傘、紫陽花のきれいな公園、雨上がりの澄んだ空気など、この季節にしかない風景があるのじゃ。あなたでしか伝えられない情景もきっとたくさんあるぞぉ。

リス先生
俳句に親しむことで梅雨を少しでも楽しくすごせるといいね!!ぜひ俳句作りに挑戦してみてね!