【小学生向け俳句の作り方】簡単にわかりやすく解説!!作り方のルールやコツなど

 

俳句とは日本に昔から伝えられている文の書き方の一つです。

 

5・7・5の17音という短い文で作られていて、世界で一番短い文だと言われています。

 

そんな短い俳句の中にも、様々なルールや作り方のコツがあります。

 

今回は、小学生向けに俳句の作り方やルールなどをわかりやすく説明していき、俳句をうまく書けるようになるコツもご紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

俳句とは?基本的なルールを知ろう!

 

俳句には基本的なルールが2つあります。

 

それが・・・

 

①5・7・5の17音にすること

②「季語」を使うこと

です。この2つについて詳しく解説していきます。

 

①5・7・5の17音にすること

 

まず俳句は5・7・5の17音で作られています。

 

5・7・5とは何かを説明すると、俳句は最初の文を5音、真ん中の文を7音、最後の文を5音となっているので、まとめて5・7・5と言われています。

 

5・7・5にすると、言葉がきれいにまとまって、短い文でも読みやすい文になるのです。

 

そして、言葉は17音の中にぴったり当てはめなければいけないので、より考えぬかれた丁寧な言葉になります。

 

そんな17音で作られている俳句に1つポイントがあります。

 

それは、「俳句は音(おと)」ということです。

 

みなさんは、文字を数える時、「1文字、2文字…」と数えると思います。

 

しかし、俳句は「1音、2音…」と言います。「1文字」ではなく「1音」です。

 

この「おと」は、俳句の書き方に関係しています。

 

例えば、「きょうだい」という言葉があります。「きょ」と書くと2文字ですよね?

 

では、言葉に出して「きょ」と言ってみてください。

 

みなさんは「きよ」とは言いませんよね?

 

「きょ」と1音で発音してしまいます。

 

こういう「ゃ」「ゅ」「ょ」といったものが含まれている言葉は1音となるのです。

 

そして、「やっぱり」や、「しっかり」といった「っ」が入っているものも同じ考え方で、「やっ」「しっ」と一気に発音しますよね?

 

なので、これも1音として考えられます。

 

②「季語」を使うこと

 

日本には春・夏・秋・冬、季節があります。その季節らしい言葉がいわゆる「季語」と呼ばれるものです。

 

【例えば】

  • ・・・「春分」「お花見」「桜」「入学式」
  • ・・・「海」「猛暑」「梅雨」「アイスクリーム」
  • ・・・「紅葉」「もみじ狩り」「栗」
  • ・・・「雪」「ゆきだるま」「炬燵」などなど

 

などなど、たくさん種類があります。

 

季節がある日本だからこそ広がって今も使われている言葉たちです。

 

これらの中から一つを俳句に入れると、どんな状況なのか、暑いのか寒いのかなどがイメージ出来やすくなります。

 

その俳句に書かれている景色が広がり、自分もその場にいるように感じられる俳句になります。

 

季語は俳句の中でも大事な役割を持っているのです。

 

季語がたくさんのっている「歳時記(さいじき)」という辞書のようなものもあり、図書館や本屋さんなどにあると思います。

 

それで調べるのもいいですが難しいと思うので、自分の中で「この季節といえばこれだ。」という言葉でも充分な季語になりますので安心してくださいね。

 

小学生向け!俳句の作り方&コツ

 

ルールは確認できましたか?

 

確認できたらさっそく俳句を作りましょう。

 

俳句を作る方法やコツなども解説していきます。

 

俳句を作る手順

 

  1. テーマ&季語を決めよう
  2. 「場面」や「気持ち」を切り取ってみよう
  3. 自分が一番伝えたいものを決めよう
  4. 5・7・5の形に当てはまるように読もう
  5. 読んでみて違和感があれば、言葉を変えてみよう

 

 

以上の5つです。早速解説していきましょう。

 

①テーマ&季語を決めよう

 

俳句を作る上で、土台となる部分です。

 

自分が書きたいことを選びましょう。

 

運動会や修学旅行といった学校の行事をテーマに決めてもいいですし、日常生活で起きた出来事でもいいです。テーマを一つ決めましょう。

 

そしてテーマが決まったら、季語を考えます。

 

もちろん「運動会」や「修学旅行」などを季語としてもいいです。

 

よりくわしく書きたいなら、「運動会」や「修学旅行」をした季節の季語を使うと、テーマが伝わりやすい俳句になるのでオススメです。

 

体育祭が夏に行われたのなら、「汗」や「日焼け」「熱中症」など夏っぽいものを沢山書いてみましょう。

 

そうすれば、俳句を書く時に使いたい季語をすぐに決められ、とても楽チンです!

 

②「場面」や「気持ち」を切り取ってみよう

 

テーマと季語を決めたら、それにはどのような場面があったか、それに対して自分はどんな気持ちになったかを思い出したり考えてみましょう。

 

その時は暑かったか寒かったか、何をしたか、自分は嬉しかったか悲しかったかなどを書き出します。

 

思いつかない場合は、テーマから連想してみるのも良いですね。

 

「運動会」などのテーマをまず書いて、それを聞いて何を思い浮かべるか、そこから自分にとっていいなと思うところやイヤだなと思うところをどんどん書いて、広げていきます。

 

例えば「運動会」だったら、「リレー」や「大玉転がし」「応援合戦」などの種目がありますよね。

 

他には「応援合戦」や運動会が終わった後の「片付け」などもあります。

 

思いつく限り書き出してみましょう。

 

③自分が一番伝えたいものを決めよう

 

いくつか思い出したらそこから自分が一番伝えたい部分を決めましょう。

 

テーマを「運動会」にしたなら運動会のどの部分を俳句にしたいかを考えます。

 

前にもいった通り「運動会」の中にも「リレー」や「綱引き」など種目がありますし、「応援合戦」や終わった後の「片付け」もあります。

 

そこから一番自分が伝えたいものを考えましょう。

 

例えば、「リレーが一番キツかったなぁ」と思ったらそれを伝えたいものとしていいですし、「大玉転がしが楽しかったなぁ」と思ったらそれでもいいんです。

 

嬉しかったとか悲しかったとか寂しかったとか悔しかったとかなんでも俳句にできるので、自分の一番伝えたいものをしっかりと決めていきましょう。

 

③5・7・5のに当てはまるように読もう

「ac 写真 小学生」の画像検索結果

 

伝えたいことが決まったら早速5・7・5に当てはまるように読んでみましょう。

 

先ほど書き出しておいた季語と自分が一番伝えたい場面や「嬉しかった」とか「悲しかった」と言った気持ちを組み合わせ、5・7・5の形に当てはめてみましょう。

 

例えば、【運動会 リレーで走って 疲れたよ】とか【応援で 誰より大きく 声出した】みたいな感じで作ってみてください。

 

作ってみましたか?

 

できたら声に出して読んでみてください。

 

ルールのところでも言ったように「俳句はおと」なので書くものというより読むものです。

 

読んでいてきちんとした文章、もしくは言葉になっているかや、季語はひとつ入っているか、自分の伝えたいものの場面がわかるかなども読んでチェックしましょう。

 

⑤読んでみて違和感があれば、言葉を変えてみよう

 

季語や伝えたいものの場面、気持ちを組み合わせて読んだのに、何か違和感を感じるなと思った人いませんか?

 

もしかしたら5・7・5の形にしっかり言葉が当てはまっていないのかもしれません。

 

その場合は同じ意味を持った別の言葉を調べたり考えたりして書きましょう。

 

例えば「夏」という言葉にも「初夏」や「猛暑」などと言った言葉もあります。

 

是非、似たような言葉をさがしてみてくださいね。

 

また、5・7・5の形にきちんと当てはまっているのにまだ違和感があるという方は、5・7・5の中で言葉を入れ替えたり、さっきと同じように同じ意味を持った別の言葉を探してみるのもいいと思います。

 

お手本になる俳句を紹介!

 

今回は、小学生が書いた俳句を紹介します。

 

その中でも、お手本になるような俳句をいくつか紹介します。

 

【NO.1】『 さくらんぼ 2人で食べて 仲直り 』

俳句仙人
ほっこりするような俳句じゃ。喧嘩をしていても2つの実がついているさくらんぼを2人で分けて食べ「おいしいね」と笑い合っている様子が浮かんでくるのう。さくらんぼという季語も使っていてとても可愛らしい俳句に仕上がっておるぞ。

 

【NO.2】『 せんぷうき 私もいっしょに まわりたい 』

俳句仙人
夏の暑さを感じさせる俳句じゃ。あまりの暑さでせんぷうきの風にずっと当たっていたい作者の気持ちが伝わってくるのう。エアコンなどではなくあえてせんぷうきを使っていて懐かしさも感じる俳句になっているのう。

 

【NO.3】『 ころもがえ わたしのタンス 姉の服 』

俳句仙人
きょうだいがいる人には分かる俳句なのではなかろうか?ころもがえの季節になると、おさがりが沢山きてしまってほとんどお姉ちゃんやお兄ちゃんの服になってしまう。たまには新しい服も買ってー!と言いたくなるのじゃろう。

 

【NO.4】『 こいのぼり自由になったらどこへいく 』

俳句仙人
こどもの日が近くなると近所の家などによくこいのぼりが飾られているのをみるじゃろ?当たり前なのは当たり前なのだが、そのこいのぼりたちはずっと同じ場所で泳いでいて、いざ自由になれるならどこにいきたいのか、こいのぼりに問いかけているこの俳句はとても想像力が膨らむ一句じゃ。

 

【NO.5】『 ピチピチの 水着で知った 今の私 』

俳句仙人
毎年夏になると行われるプール。まだ去年の入るかなーと思って着てみるとピチピチで、成長を感じる瞬間なのじゃろう。授業が始まる前に買い替えられたらいいのじゃが…

 

さいごに

 

俳句の作り方やコツについて解説しました。

 

宿題で俳句を作ることになってどう作ったらいいのか分からなかったという人が多いのではないでしょうか?

 

俳句は自分の思ったこと伝えたいことを短い文の中でどう表現するかによって変わってきます。

 

俳句仙人
普通の日常さえも特別なものにしてしまう俳句。日記のような形で普段から取り入れるのもいいぞぉ。

リス先生
お家や、お友達同士でゲーム感覚で気軽にやってみるときっと楽しい時間になるよ!ぜひ俳句を楽しんでみてね!!
おすすめの記事