【俳句の歴史】簡単にわかりやすく解説!!有名な歴史上の人物や有名句など

 

短い言葉に想いが凝縮された「俳句」。

 

ご自身で詠まれたことはあるでしょうか?

 

若い人たちには詠むための固いルールがない「川柳」の方が、ニュースでみる機会もあるので親しみやすいかもしれませんね。

 

でも日本人の心に響くからこそ昔の俳句も詠まれ続けているわけで、「俳句」として生まれた歴史や有名句の背景を知るとより奥深さが感じられるかもしれません。

 

そこで今回は、俳句の意味・歴史について簡単にわかりやすく解説していきます。

 

そもそも俳句ってなに?

 

俳句の定義とは何でしょう?

 

連歌の上の句である「5・7・5」で作られた定型詩で、十七語、十七音とも呼ばれます。

 

17文字の語数だけではなく、日本の四季のいずれかの季節が感じられるように「季語」と言われるものを入れること、また数少ない言葉でより趣やいきの良さを感じさせるように「や」「かな」「けり」といった「切れ字」といわれる言葉を入れて作るものが決まりとなっています。

 

 

しかし、字余り字足らずであったり、場面や心情などがよく伝わるもので季語なしで作られた俳句もあります。

 

俳句が生まれた歴史や有名人物は?

 

「俳句」が生まれたのはいつでしょうか。これには2つの意味での歴史があります。

 

一つは俳句の元となる「形式」が生まれたのが室町から鎌倉時代だということです。

 

貴族の間で広まっていた、詩句を数人でリレーしながら詠み続けるという優美な遊び「連歌」から始まっています。

 

もう一つの歴史は「俳句」という呼び名が生まれたのは明治時代だということです。

 

連歌の上の句の部分だけを切り取ったものが江戸時代に「俳諧」として広まり、それを明治時代の正岡子規が「俳句」という呼び名でさらに新しい文芸として発展させていったのです。

 

(正岡子規 出典:Wikipedia)

 

俳人として有名なのは江戸時代の松尾芭蕉(まつお ばしょう)、与謝蕪村(よさ ぶそん)、小林一茶(こばやし いっさ)、加賀千代女(かがの ちよじょ)ら。

 

大正・明治時代には正岡子規(まさおか しき)、高浜虚子(たかはま きょし)、中村汀女(なかむら ていじょ)、種田山頭火(たねだ さんとうか)らがいます。

 

俳句の歴史を簡単にわかりやすく解説!

(1)なぜ俳句はできた?俳句のはじまり

室町から鎌倉時代に貴族たちに詠われた連歌の「5・7・5・7・7」から、上の「5・7・5」の「発句」部分だけを短歌として切り取って詠まれるようになったものが俳句の始まりです。

 

江戸時代にこの短歌が庶民に広がり親しまれていく中で、徐々に自分たちの生活や世の中を滑稽に風刺したもの笑いをとる作品が多くなったところから「俳優の諧謔」→「俳諧」と呼ばれるようになりました。

 

(2)俳諧から俳句へ

明治時代になって正岡子規がその諧謔的な「俳諧」の陳腐さを嫌い、写生・写実を根本にした新しい詩風へと変革したものを「俳句」と提唱します。

 

その後、熱心な文学活動を起こし、多くの賛同者が集まり広がっていきます。

 

(3)大正から昭和時代の俳句

正岡子規の死後もその考え方は受け継がれ少しずつ変化しながら様々な作風のものも現れ、叙情的なものや人間探求派といった新しい傾向を目指した俳句も多数作られました。

 

昭和時代には杉田久女、中村汀女など一気に女性の俳人も増え近代俳句の礎の一つとなります。

 

戦後はフランス文学者の桑原武夫によって俳句は他の芸術と区別すべきだという「第二芸術論争」が起こりますが、この論争を機に俳壇の伝統派と新興派の互いに流派を超えた活動にもつながりました。

 

(4)今現在の俳句の存在

一時は俳句はご年配の方が楽しむもので愛好家が少なくなった時期もありました。

 

しかし、最近はお茶メーカーの「俳句大賞」や、俳句よりも気軽に作れる川柳のコンテストも多数開催されているので、若者も川柳から入って俳句に親しむ人口が増えてきています。

 

さらには第二次世界大戦後にイギリス出身の文学者「レジナルド・ブライス」により欧米に紹介されたのを機に世界にも俳句の人気は広がっています。

 

欧米では「HAIKU」、中国では「漢俳(かんばい)」として親しまれ、2000年には世界俳句協会も設立されました。

 

また、1989年設立の国際俳句交流協会はユネスコの無形文化遺産登録に向けた活動も行なっています。

 

有名な歴史上の人物と有名句を紹介!

「ac 写真 京都の風景」の画像検索結果

⑴男性俳人

有名な男性俳人の有名な句をそれぞれ代表的なものをご紹介いたしましょう。

 

【NO.1】松尾芭蕉

『 古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音 』

『 しずかさや 岩にしみ入る 蝉の声 』

俳句仙人
江戸時代に北陸、東北地方を旅して記した「奥の細道」の作者であり、有名な俳句はほとんどがその旅路の中で詠まれたものじゃ。鳴き声が特徴的な蛙をあえて「飛び込む水音」として表現したり、うるさいはずの蝉の声を使って静けさを表すことができるのは芭蕉だけじゃ。

 

【NO.2】与謝蕪村

『 春の海 ひねもすのたり のたりかな 』

『 菜の花や 月は東に 日は西に 』

俳句仙人
どちらも春のやわらかい暖かさと自然の光を感じられる句じゃのう。一日中、終日という意味の「ひねもす」に続けて、のたりのたりと同じ語を5と7の句に分けて繰り返す巧さはさすがじゃ。

 

【NO.3】小林一茶

『 やせがえる 負けるな一茶 これにあり 』

『 雪とけて 村いっぱいの 子どもかな 』

俳句仙人
小さな頃に母親を亡くした後も義母とうまくいかず15歳にして父に外奉公に出され、死別、離婚を経て3回の結婚というあまり家族運に恵まれなかった一茶。痩せたカエルに自身を写して応援した句は心にしみるのう。「雪とけて」は最初の結婚前に詠んだ句で、雪解けの喜びと自分の気持ちを合わせて素直に表現しているようじゃ。俳句界では門人たちを巡回する親しまれる宗匠として親しまれておるぞ。

 

【NO.4】正岡子規

『 柿くえば 鐘がなるなり 法隆寺 』

俳句仙人
明治時代に俳諧から「俳句」を確立した子規が、結核で大喀血した年に入院・静養した時に詠んだものじゃ。もともと大の柿好きであり他にも柿の句があるが、親交の深かった夏目漱石がこれより前に詠んだ「鐘つけば 銀杏散るなり 建長寺」への返礼句ではないかとも言われておるぞ。

 

【NO.5】高浜虚子

『 遠山に 日のあたりたる 枯野かな 』

俳句仙人
子規から名前を授かった「虚子」は客観主義を受け継いだ俳人じゃ。枯野は冬を示す季語で、遠くに見える寒々しい冬山に日が当たっている景色の描写にホッとするのう。

 

⑵女流俳人の作品

女流俳人の作品には男性には書けない女性ならではの視点があります。

 

【NO.1】加賀千代女

『 朝顔に つるべ取られて もらひ水 』

俳句仙人
この句はのちに本人の推敲により「朝顔や」と詠み直されておる。子規からはもらい水が「俗」な表現だとして切り捨てられているが、女性ならではの生活の景色で、どちらの表現にも違う味わいがあるのう。

 

【NO.2】中村汀女

『 咳の子の なぞなぞあそび きりもなや 』

俳句仙人
これも子の面倒をみる母親ならではの視点があるのう。優しく温かい目で見守りながらも、咳もなぞなぞも終わりが見えなくて少し困ったなという感じが伝わってくるのう。「きりもなし」ではなく「きりもなや」という表現が秀逸じゃ。

 

まとめ

 

 

✔ 俳句とは「連歌」から「俳諧」を経て確立された「5.7.5」の季語と切れ字のある定型詩であること。

 

✔ 現在では日本だけでなく世界中に俳句の愛好家がいて親しまれていること。

 

✔ 歴史上の有名句は時代・性別、それぞれの様々な人生の背景を基に生まれていること

 

おすすめの記事