【冬休みの宿題に最適な俳句 20選】おすすめ!!冬の季語を含んだ俳句作品集を紹介!

 

5・7517音で構成される俳句。

 

日本人にとって身近な存在であるからこそ、学校の冬休みの宿題としてもよく出されます。

 

しかし、どのような俳句を書いていいかわからない方も多いと思います。

 

そこで、ここでは冬休みの宿題として俳句を作るためにぴったりの俳句作品集をご紹介します。

 

リス先生
それでは、さっそく見ていこう!

 

俳句に冬らしさを出す!冬の季語を知ろう

 

そもそも季語とは、日本の四季「春・夏・秋・冬」に「新年」を合わせた5つの季節を表す言葉で、俳句にはこのいずれかの言葉を入れなければならないという約束があるのです。

 

ここではおすすめの使いやすい季語を抜粋して、「冬」の季語をご紹介します。

 

冬の季語【一覧】

 

  • 全般的:冬の○○、寒し、冷たし、凍る、神無月、立冬、霜月、冬至、年の内、年越、年の夜、行く年、年の暮、大晦日、大寒、しばれる、厳寒、寒の入、師走、節分、吹雪
  • 天文:オリオン、寒波、北風、空風、初雪
  • 地理:枯野、霜柱
  • 生活:セーター、コート、ジャケット、毛布、手袋、マスク、マフラー、おでん、重ね着、ストーブ、暖炉、〇〇鍋、風邪、咳、日向ぼこ、スキー、アイスホッケー、スケート、雪投げ、ラグビー、湯ざめ、毛糸編む、ホットドリンクス、賀状書く、門松立つ、しめ縄飾る、冬休、雪像
  • 行事:クリスマス、聖家族の日、顔見世、除夜の鐘、年越詣
  • 動物:冬眠、熊、狐、狸、むささび、うさぎ、鷹、ふくろう、鴨、ずわい蟹、河豚(ふぐ)、鮟鱇(あんこう)、白鳥
  • 植物:枯葉、枯木、木の葉、落葉、白菜、人参、芽キャベツ、ブロッコリ、セロリ、クリスマスローズ、ポインセチア、葉牡丹、水仙

 

 

リス先生
季語は春・夏・秋・冬・新年に分類されて「歳時記」という本にまとめられているよ!ほかにもたくさんの季語が載っているので、もっと季語を知りたい場合はぜひ一度見てみてくね!

 

冬休みの宿題に最適!!冬の季語を含んだ俳句作品集【20選】

 

それでは冬の季語を含んだ俳句のうち、皆さんの身近にもある題材を詠んだ20句をご紹介します。

 

【No.1】トライから ラグビーらしく なりました

季語:ラグビー

意味:ラグビーはトライを決めてからが本当のラグビーらしくなります。

俳句仙人
キックで決まるゴールもあるが、やはりトライを決める瞬間がラグビーの醍醐味だという思いに同感じゃ。

 

【No.2】ラグビー戦 まづ太陽を 蹴り上ぐる

季語:ラグビー

意味:はじめにボールを大きく蹴り上げる姿はまるで太陽を蹴りあげているようだ。

俳句仙人
試合開始キックオフの瞬間を詠んだ場面じゃ。楕円のボールが大きく太陽に向かって蹴り上がっていく様は、これから始まる選手たちの闘志の高まりにも感じられるのう。

 

【No.3】ラグビーに 前歯二本を 捧げけり

季語:ラグビー

意味:ラグビーをしていたら前歯二本が折れてしまったよ。

俳句仙人
読むからに痛いのぅ…。だが折れた前歯を「捧げ」たのだと詠めるところにラグビーへの強い愛情を感じるぞ。

 

【No.4】友達が サッカーするから 僕もやる

季語:サッカー

意味:一緒にいた友達がサッカーするから自分もやるよ。

俳句仙人
そうじゃ、サッカーは一人ではできん。友達がいてボールがあれば楽しく遊べるのじゃ。

 

【No.5】初雪は まだかまだかと 空を見る

季語:初雪

意味:初雪が降るのを心待ちに空を見上げているよ。

俳句仙人
シーズンの「初雪」には誰しもワクワクするのう。わしも降るかもしれないという予報があったら何度も空を見上げてしまうぞ。

 

【No.6】雪降った 犬が飛び出し 遊んでる

季語:雪

意味:雪が降ってきたら犬が喜んで庭に飛び出して遊んでいるよ。

俳句仙人
犬は喜び庭かけまわる姿が、見ているだけで楽しくなりそうじゃ。

 

【No.7】初雪は サンタがくれた プレゼント

季語:初雪

意味:クリスマスに降った初雪はサンタクロースのプレゼントかもしれないね。

俳句仙人
クリスマスに初雪が降るなんて、そんなにタイミングよくいかないからこそ降ったら「これはプレゼントだ」と素直に思えるのぅ。

 

【No.8】合唱団 左右に揺れて クリスマス

季語:クリスマス

意味:聖歌を歌っている合唱団が歌に合わせて左右に揺れてクリスマスを祝っているよ。

俳句仙人
気持ちよさそうに一生懸命合唱団が聖歌を歌っている様子が目に浮かぶようぞ。作者も一緒に左右に揺れて見守っていたのかもしれませんのう。

 

【No.9】宿題を 出す先生も 師走かな

季語:師走

意味:宿題をまとめて出される生徒も忙しいけれど、出す先生(師)も走るほど忙しいのです。

俳句仙人
まさにザ・学校ならではの句じゃ。師走の「師」を先生にもじっているのも面白いところじゃ。

 

【No.10】大晦日 飲む人食う人 作る人

季語:大晦日

意味:大晦日は集まったみんなで飲んだり食べたり作ったり。

俳句仙人
まさにお正月に家族が集まった時の一句じゃ。作ってくれる人に感謝しながら飲み食いしたいものじゃ。

 

【No.11】大晦日 ねむたくなれば ねむりけり

季語:大晦日

意味:夜更かしをする大晦日でも、眠たくなれば自然に眠るものですよ。

俳句仙人
大晦日、どこの家庭でも見られる様子が目に浮かぶぞ。言葉そのままに親が子どもを寝かせたいのに寝そうにない焦りを「まあまあ、そのうち寝るよ」と諭しているようじゃ。

 

【No.12】新年は お餅を食べて 初詣

季語:初詣

意味:お餅を食べてお腹を満たしてから初詣に行こう。

俳句仙人
お正月の光景あるあるじゃのう。まずはみんなでお餅で腹ごしらえをしてから初詣に行く恒例が楽しそうじゃ。

 

【No.13】お辞儀して マフラー垂れて 地上かな

季語:マフラー

意味:深々とお辞儀をした拍子にマフラーが垂れて地上についてしまったよ。

俳句仙人
これはかなりの長いマフラーじゃのう。ちょっと恥ずかしい気持ちをユーモラスに表現している良い句じゃ。

 

【No.14】この恋と 冬眠しよう 癒えるまで

季語:冬眠

意味:心の傷が癒えるまでこの恋の気持ちは冬眠のように眠らせておこう。

俳句仙人
恋心が傷ついてしまったじゃろうか?切ない思いがヒシヒシと伝わってくるぞ。ゆっくり暖かくして眠ってほしいのう。

 

【No.15】木枯らしが 吹いたというが どの風だ

季語:木枯らし

意味:木枯らしが吹いたとニュースで言われても、どの風なのかわからないよ。

俳句仙人
確かに今日、木枯らし1号が吹きましたと言われても、ずっと風が強かっただけのような気もして「どれが?」と思う気持ちが、わしもよくわかるぞ。

 

【No.16】冬を描く 画用紙の中 全部白

季語:冬

意味:冬にスケッチしている画用紙は白さを描いてばかりで真っ白だよ。

俳句仙人
もともと白い画用紙に、おそらく雪景色を描いていることを「白」と表しているのがうまい表現じゃ。

 

【No.17】かけている 月のうさぎは どこへ行く

季語:うさぎ

意味:欠けている月にはうさぎが見えない。どこに行ったのだろう。

俳句仙人
半月じゃろうか?三日月じゃろうか?欠けた月を見あげながら想像したことをうまく表現しているのう。

 

【No.18】落ち葉には 木の物語が つまってる

季語:落ち葉

意味:落葉たちには木に生えていた時に過ごした物語がつまっているよ。

俳句仙人
カサカサと積もった落ち葉を見て、それが青々と生えていた頃からの木の物語がつまっている塊に見えるその感性が素晴らしい!

 

【No.19】白菜を 赤子のやうに 抱いてくる

季語:白菜

意味:大きな白菜を両手で大事そうに抱いてくる姿はまるで赤ん坊を抱いているようだ。

俳句仙人
品種改良で小型の白菜も増えておるが、もとの大きな白菜を両手で抱えてくる様子は確かに大事な赤ん坊を抱っこしているような愛らしい姿に見えるぞ。

 

【No.20】霜柱 そこだけふんで みたくなる

季語:霜柱

意味:霜柱を見つけると、その部分だけでもわざわざ近寄って踏みたくなるよ。

俳句仙人
なかなか見られない霜柱を見つけると嬉しくて面白くて「ザクザク」と踏みたくなるその気持ち、すごくよくわかるぞ。

 

 

以上、冬休みの宿題の参考になる冬の俳句集をご紹介しました!

 

俳句仙人
身近な季語を知った上であらためて身の回りのもの、経験したことなどを思い出してみると自分ならではの句が紡ぎ出せるかもしれませんぞ。

リス先生
みんなも、ぜひ俳句作りにチャレンジしてみてね!
関連キーワード