【石田波郷の俳句16選】代表作(有名句)はこれ!!俳句の特徴や人物像など徹底解説!

 

世界中の人々から愛され、親しまれている日本の伝統芸能「俳句」。五七五のわずか17音で綴られた物語は、時代を経て現代の私たちの心に響きます。

 

今回は、青春を感じさせる叙情句や人間探求派で有名な「石田波郷」の代表作品(有名俳句)をご紹介します。

 

俳句仙人
波郷が詠んだ数多くの俳句の中から、春、夏、秋、冬の代表的な作品をそれぞれご紹介していきます。

 

石田波郷の人物像と作風

Ishida Hakyo.jpg

(石田波郷 出典:Wikipedia)

 

石田波郷(いしだはきょう)は、昭和6年(1931年)に 愛媛県で生まれた俳人です。

 

本名は哲大(てつひろ)といいます。

 

19歳頃に上京し、新興俳句運動の中心人物であった水原秋桜子に師事していました。

 

波郷の作品は、初期の頃は青春あふれるものが多く、31歳の頃に結核を患い、闘病生活を送るようになってからは人間性を詠んだものが多く残されています。

 

生涯に渡って入退院を繰り返し、晩年は自らの闘病生活を見つめた句が多いのが特徴です。

 

そんな波郷の作品は「人間探求派」と呼ばれ、多くの人々に親しまれています。

 

石田波郷の有名俳句・代表作【16選】

春の俳句4選

俳句仙人
バスを待つ間、ぼんやりと待っている間にふと感じたことを詠んだ一句です。春が来ていることは疑いようがないと確信し、春の訪れに気づいた生き生きとした気持ちが伝わってきますね。

 

【NO.2】

『 初蝶や 吾が三十の 袖袂 』

季語:初蝶

現代語訳:あぁ、この春初めて見る蝶(初蝶)だ。自分も三十路。袖から袂を羽にしてみたりして…。

俳句仙人
初蝶の舞っている様子が目に浮んできます。作者は着物の袖や袂を風に吹かれながら野に立ち、初蝶を見ています。三十路になった作者の感慨が伝わってくる一句です。

 

【NO.3】

『 立春の 米こぼれおり 葛西橋 』

季語:立春

現代語訳:今日は立春だ。葛西橋を歩いていると、米粒がところどころに落ちているのを見つけたよ。

俳句仙人
この句が詠まれた和21年といえば、戦後、物資の著しく欠乏した時代であり、橋のところどころにこぼれていた米粒の白さは、鮮烈に作者の眼に焼き付いたのに違いありません。また、ごく庶民的な、買い出しに行き来する橋である「葛西橋」をテーマとしているところが面白いですね。

 

【NO.4】

『 はこべらや 焦土のいろの 雀(すずめ)ども   』

季語:はこべら

現代語訳:ハコベがぽつぽつと咲いている焼け野原に、地面と同じ色(焦土のいろ)にすすけた雀が群がっているよ。

俳句仙人
焼け野原となった荒野のところどころに、白いハコベの小花が揺れていて、それをついばむ雀たちの姿が描かれています。戦争で何もなくなってしまったところでも、自然は強く、変わらない営みを続けている、ということを表現したかったのかもしれませんね。

 

夏の俳句4選

俳句仙人
先に行く友人たちがいるため、一人でも迷うことなく目的地へたどり着くことができるという安心感が伝わってきます。「泉」という言葉が、清涼感を感じさせてくれます。

 

俳句仙人
街の中央にある公園の噴水でしょうか。その噴水からしぶきが上がり、周囲に涼しい風が吹きすさんでいる様子が目に浮かびます。噴水のしぶきが太陽の光できらきらと輝き、爽やかさを感じます。

 

俳句仙人
夜になっても「色鮮やかな若葉の緑」と言い切ってしまうことで、生命力みなぎる暑い夏を表現しています。また、句の中に「プラタナス」という外国語を使うことで、都会生活への憧れが感じられます。

 

【NO.4】

『 六月の 女すわれる 荒筵 』

季語:六月

現代語訳:六月のある日、戦争ですべてが焼き尽くされ、何も残っていない「荒筵」に、女が一人座っているよ。

俳句仙人
戦後、焼け跡の地で春を売って生業としている女性をテーマに詠んだ句といわれています。大胆に、人間の生命力のすさまじさを鷲掴みに表現した力強い一句です。

 

秋の俳句4選

【NO.1】

『 吹きおこる 秋風鶴を あゆましむ 』

季語:秋風

現代語訳:突然吹きおこった秋風に押されるかのように、鶴が歩き出したよ。

俳句仙人
秋風が少し勢いよく吹きだし、その少し勢いのある秋風に後ろから押されて思わず鶴が歩き出す様子が目に浮かぶようです。ある秋の日の鶴のいる光景が生き生きと描かれています。

 

【NO.2】

『 雁や のこるものみな 美しき 』

季語:雁

現代語訳:夕空を一群の雁が鳴きながら渡っていったよ。残される皆様は、本当に素晴らしい方々ばかりであったと、今更ながら思います。

俳句仙人
この句は、石川波郷が出征前に詠んだといわれています。雁も夕映えも、人も家族も故郷も、もう二度と見ることはないのかもしれないとなると、すべてが美しく感じる…そんな思いを込めて詠んだのではないでしょうか。

 

【NO.3】

『 今生は 病む生なりき 烏頭(とりかぶと) 』

季語:烏頭

現代語訳:自分の一生は病んでいる期間の方が多かった。どうか鳥頭よ、私の病に効いておくれよ。

俳句仙人
烏頭は猛毒の成分を含む漢方の生薬で、猛毒が薬と表裏一体をなし、自分の病にはどう効果があるものかと、憂いています。鮮やかな烏頭の花の色と、療養に明け暮れ、生死隣り合わせの自身の半生を重ね合わせているように読み取れます。

 

【NO.4】

『 朝顔の 紺の彼方の 夕日かな 』

季語:朝顔

現代語訳:朝顔の紺色の彼方に、過ぎ去った日々のことを思い浮かべる夕暮れどきだよ。

俳句仙人
石田波郷が29歳の時に詠んだ作品です。朝顔の紺色は未来永劫変わらないけれど、人間の心は変わらざるを得ないといった心の揺れが、朝顔の紺色(不変のもの)と対比されて伝わってきます。

 

冬の俳句4選

【NO.1】

『 霜柱 俳句は切字 響きけり 』

季語:霜柱

現代語訳:霜柱は柱が折れることによって音が響くが、俳句はやはり「切字」で余韻を奏でる。

俳句仙人
霜柱の音の響きは「霜の柱が切れる」ことによって生まれます。これに対し、俳句は切字を使うことによって言葉と言葉の間に「間合い」が生まれます。霜柱と切字といった何も関係のないもの同士をあえて対比させているところが面白い一句です。

 

【NO.2】

『 霜の墓 抱き起されし とき見たり 』

季語:霜

現代語訳:病に寝込む我が身が抱き起され、その時墓を見た。

俳句仙人
抱き起されたのは墓か、それとも波郷自身かと物議を醸した俳句です。文法上は「抱き起こされる」のは墓になりますので、「自らが抱き起された」と解釈するのは無理があることはいうまでもありませんが、波郷の置かれた状況を考えると、抱き起されたのでは墓ではなく自分自身であると考えるのが自然の流れなのではないでしょうか。

 

【NO.3】

『 雪はしづかに ゆたかにはやし 屍室(かばねしつ) 』

季語:雪

現代語訳:しんしんと静かに降り積もる雪よ、あちらには死者が眠る屍室が見える。

俳句仙人
結核手術による長期入院中の作品です。「屍室」は、病室から見える位置にあったようで、死者をテーマとする波郷晩年の代表作の一つです。「しづかにゆたかにはやし」は降る雪の様子を表していますが、「屍室」とも響き合っています。死者の冥福を祈っているようでもあるし、人の死は自然界では些細な現象にすぎないことを自らに言い聞かせるように表現しようとしているようでもあります。

 

【NO.4】

『 綿虫や そこは屍の 出でゆく門 』

季語:綿虫

現代語訳:あそこにいるのは綿虫かなぁ。そちらの門は屍(死んだ者)が出て行く扉だ。

俳句仙人
結核手術のため、長期で入院していたころに詠まれた作品です。「私もその門をくぐることになるのかもしれない」と言っているようであり、一方で「私は生者として正門から出て行くのだ」と自分に言い聞かせているようでもあります。この二つの間を揺れている感じを綿なのか虫なのか曖昧な「綿虫」が象徴しています。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、石田波郷が残した俳句の中でも特に有名な作品を現代語に訳し、そこに込められた意味など簡単な感想をご紹介してきました。

 

青春あふれるものや人間性を詠んだものが多いといわれている石田波郷の作品はきらきらと眩しく、そして晩年の作品は死と向き合った人間味あふれる作品が中心となっています。

 

どれも奥深く、魅力的なものばかりですね。

関連キーワード