【修学旅行の俳句 20選】京都&奈良編!!秋の季語を含んだオススメ俳句作品集を紹介!

 

学校の授業などで習う俳句。

 

最近では修学旅行の日記のような形で、俳句の宿題を出される学生さんも多いと思います。

 

しかし、俳句をいざ書こうとしても学校ではルールや作り方を教えてもらうだけで、沢山ある俳句のどれを参考にしていいのかなど分からず難しいですよね…

 

そこで今回は、京都と奈良をテーマにした秋の季語を含んだ俳句を紹介していきたいと思います。

 

リス先生
課題で行き詰ったときにはぜひ参考にしてみてね!

 

俳句に修学旅行&秋らしさを出す!秋の季語と修学旅行語彙を紹介

 

まず、修学旅行の俳句を書く時に必要となる材料を集めなくてはなりません。

 

必要な材料は主に・・・

 

①秋の季語

②修学旅行語彙

 

の2つです。

 

それでは、これらについて解説していきます。

 

①秋の季語とは?

「ac 写真 秋の落ち葉」の画像検索結果

 

日本には4つの季節があり、4つの季節にはそれぞれ特徴がありますよね。

 

その季節の様子・物の特徴を表した言葉を季語と言います。

 

例えば、今回のテーマである秋の季語であれば「秋の暮」や「紅葉」「栗」などなど…いかにもその季節らしいもの、言葉が季語と呼ばれるものなのです。

 

つまり、皆さんが修学旅行で見た景色にあった言葉をそのまま使えばいいのです。

 

リス先生
上記でご紹介した以外にも、秋の季語には以下のようなものがあるよ!

 

秋の季語【一覧】

 

秋/秋の朝/秋の暮/秋の昼/秋の夜/秋の宵/爽やか/身に入む/夜長/秋の風/秋の曇/秋高し/秋の雨/秋の色/流れ星/秋渇き/秋の大掃除/秋の野遊び/秋の灯/秋の服/秋の宿/運動会/枝豆/案山子/鹿火屋/美術展覧会/虫籠/夜食/赤蜻蛉/秋鯵/秋鰹/秋鯖/秋の蚊/秋の蝶/秋のハエ/秋の蜂/鰍/小鷹/鮭/鹿/蜻蛉/虫/青蜜柑/秋草/秋桑/秋の七草/稲/芋/荻/オクラ/菊/草の花/草の穂/草の実/鶏頭/猿の腰掛/椎茸/生姜/唐辛子/初茸

 

 

②修学旅行語彙を紹介!

「ac 写真 秋の清水寺」の画像検索結果

 

ここでは、奈良と京都へ行く修学旅行をテーマにした俳句を作る時に使える言葉たちをご紹介します。

 

おすすめ語彙

 

  • 奈良・・・「鹿」「五重塔」「東大寺」「大仏」「法隆寺」
  • 京都・・・「金閣寺」「鴨川」「清水寺」「八ツ橋」「京の町」「舞妓さん」

 

 

上記以外にも、まだまだ沢山あります。

 

京都や奈良で皆さんが実際に見たり歩いたりしたものをどんどん使っていきましょう!

 

リス先生
思い出しやすいようにその時撮った写真やパンフレットなどを見返すのも良いね!

 

秋の季語を使った修学旅行の俳句集【京都編10選】

「ac 写真 秋の清水寺」の画像検索結果

 

秋の季語や地名を一通り確認したところで、秋の季語を使った修学旅行の俳句をご紹介していきます。

 

リス先生
まずは、京都の俳句を10個紹介していくね!季語やその俳句の意味ものせているので参考にしてみてね!

 

【NO.1】紅葉色 色を添えるよ 金閣寺

季語:紅葉

意味:紅葉の葉が金閣寺の周りにあって、赤や黄色などの色を添えているようにみえる。

俳句仙人
秋に見る金閣寺は紅葉の色と交わってより一層美しく見えるのう。

 

【NO.2】旅の終(つい) 京都の街に 秋が来る

季語:秋

意味:京都の街から出る修学旅行の終わり、寒さに秋が来るのだと実感した。

俳句仙人
旅の終わりの切なさを秋の寒さに例えているのう。心が打たれる句じゃ。

 

【NO.3】秋風に 紅葉が踊る 銀閣寺

季語:秋風

意味:秋風に乗った紅葉がまるで踊っているように見える銀閣寺。

俳句仙人
風に乗って舞う紅葉を踊っていると表現していてユーモアがある句じゃな。

 

【NO.4】胸躍る 歴史語るは 秋の古都

季語:秋

意味:ワクワクしながら行くのは歴史的建造物がある秋の古都だ。

俳句仙人
修学旅行はワクワク感と古くからの建造物が並ぶ京都を「歴史語る」と呼んでいて、まとまった一句になっておるのう。

 

【NO.5】展望台 小さく見える 秋の京

季語:秋

意味:展望台から小さく見えるのは紅葉などで染まった秋の京都だ。

俳句仙人
高いところから見下ろすと京都の街並みをまた違った視点で見れるかもしれんのう。

 

【NO.6】秋の色 歴史が香る 嵐山

季語:秋の色

意味:紅葉の黄色や赤で染まった嵐山が歴史を感じさせてくれる。

俳句仙人
紅葉で染まった色とりどりな嵐山はとても美しいのう。その色を「秋の色」と表現しているところに感動したぞぉ。

 

【NO.7】風が吹き 古都の紅葉が ヒラヒラと

季語:紅葉

意味:風が吹いた途端、京都にある紅葉が散ってヒラヒラと舞っている。

俳句仙人
風に舞う紅葉は古き良き京都の世界観に映えそうじゃな。

 

【NO.8】京の道 葉からこぼれる 秋の陽よ

季語:秋の陽

意味:京都の道。葉と葉の間からみえる光は秋の陽だ。

俳句仙人
木が多い道じゃろうか?葉から溢れる陽の光は儚げでとても美しいのう。

 

【NO.9】清水の 本堂から見る 秋景色

季語:秋景色

意味:清水寺の本堂から見る秋の景色。

俳句仙人
清水寺の本堂は高いところにあって、そこから見る秋の景色は本当に美しいものじゃ。

 

【NO.10】古都の旅 秋の金閣 ひとめぼれ

季語:秋

意味:京都へ行く修学旅行、秋の金閣寺の美しさに一目惚れしてしまった。

俳句仙人
金閣寺は坂の上にあるのじゃが、徐々に見えて来る金閣寺はキラキラと輝いていてひと目見るだけでため息をついてしまうほど綺麗じゃ。

 

秋の季語を使った修学旅行の俳句集【奈良編10選】

「ac 写真 秋の奈良公園」の画像検索結果

 

続いて、秋の季語を使った奈良の俳句もご紹介していきます。

 

【No.1】古都の秋 金剛力士の にらみ合い

季語:秋

意味:古都の秋には金剛力士像がお互いににらみ合っている。

俳句仙人
大仏殿のところにある金剛力士像は大きく顔もにらみ合っていて、とても怖い印象を持ってしまうが、古都の秋とつけることにより、美しいものへとイメージを変えさせていてとても素晴らしい句になっておるぞ。

 

【No.2】大仏の 足元に吹く 秋の風

季語:秋の風

意味:大仏の足元に吹く少し冷たい秋の風。

俳句仙人
大仏の足元にしか吹かない風をよむことにで大仏の大きさが際立った素晴らしい俳句じゃ。

 

【No.3】秋深し 風と旅する 法隆寺

季語:秋深し

意味:秋が深まる頃、秋風と共に旅をする法隆寺。

俳句仙人
風と旅するという表現に心を打たれたぞぉ。秋が深まった法隆寺はそれはそれは美しいことじゃろう。

 

【No.4】秋風に 奈良の大仏 ほほえんだ

季語:秋風

意味:秋風を感じた奈良の大仏が微笑んだように見えた。

俳句仙人
穏やかな大仏の顔が秋の訪れを祝福しているように見えたのじゃろうか?とても微笑ましい句じゃな。

 

【No.5】奈良公園 囲まれ取られた 鹿せんべい

季語:鹿

意味:奈良公園で鹿に囲まれ鹿せんべいをとられてしまった。

俳句仙人
奈良公園には鹿せんべいを求める鹿たちがたくさんいて囲まれるとあっという間に無くなってしまうのう。

 

【No.6】秋の空 五重塔が そびえ立つ

季語:秋の空

意味:秋の空の下に五重塔がそびえ立っている。

俳句仙人
高くそびえ立った五重塔が秋の空に向かって伸びている様子が浮かんでくるぞぉ。

 

【No.7】秋の暮の 中に大仏 東大寺

季語:秋の暮

意味:東大寺の大仏は秋の暮れの中で立っている。

俳句仙人
秋の暮れに生える東大寺と大仏は静かな空気の中にドーンと佇んでいてとてもかっこいいことじゃろう。

 

【No.8】秋の風 香り漂う 法隆寺

季語:秋の風

意味:秋の風が漂う法隆寺にいる。

俳句仙人
秋の香りを風で感じるなか見る法隆寺はとても美しいじゃろう。

 

【No.9】法隆寺 十月の空に そびえたつ

季語:十月

意味:法隆寺が十月という涼しい空にそびえたっている。

俳句仙人
十月の涼しい空にそびえたっている法隆寺を見た作者の感動が伝わってくるぞぉ。

 

【No.10】寺ひかる 秋を感じる 奈良の町

季語:秋

意味:寺が光り、秋を感じた奈良の町。

俳句仙人
奈良といえば寺。寺を見れば奈良に来たような感じがするのぅ。そこに添えられるかのように生えた紅葉で秋を感じられたじゃろう。

 

 

以上、秋の季語を用いた修学旅行(奈良&京都)の俳句集20選をご紹介しました!

 

俳句仙人
秋になり紅葉などの力で、より一層輝きを増す古都の情景を美しく表現した俳句が多いぞぉ。

リス先生
俳句にはありのままの事実をより美しく見せてくれる効果があるよ!自分が見た感動や記録に俳句を書いてみてね!!
おすすめの記事